爽やかな絵柄とは対照的なシリアスストーリー 映画 聲の形 レビュー 

映画

皆さんこんにちは。

けびんの部屋へようこそ。

今回の記事は映画レビューシリーズです。

さて今回レビューする映画は、

聲の形


「聲の形」は2016年に映画化された漫画原作のアニメーション映画です。

監督は山田尚子、制作は京アニこと京都アニメーションが担当しています。

僕はこの作品をマンガから見始めてそれから映画を見たんですがマンガの内容をうまく映画にまとめることができているととても感心しました。

マンガは全7巻で決して長いとは言えませんが、若者のいじめ問題をテーマに様々なことを考えさせてくれる内容でした。

それでは今回のレビュー映画「聲の形」をレビューしていきましょう。

あらすじ

主人公の石田将也(いしだ しょうや)はクラスのガキ大将。

退屈な毎日を何より嫌う彼は常に何かしらの刺激を求めていた。

そんな彼のクラスに聴覚障害をもつ女の子、西宮硝子(にしみや しょうこ)が転校してくる。

単純な好奇心から将也は硝子にちょっかいを出すが、次第にそれがエスカレートし、いじめと変わらない事態に。

そしてある事件をきっかけにいじめの対象は硝子ではなく将也に変わってしまう。

その後、硝子は転校し二人は別々の道を歩むことになった。

五年の時を経て、高校生になった将也は自分の過去の過ちを悔やみ硝子に一言謝りたいと本人のもとを訪ねる。

昔とは違う関係性のもと、二人は次第に打ち解け仲良くなっていくが、その周りでは様々な事件が起こるのであった。

詳細は公式ホームページをチェック!!

映画『聲の形』 ロングPV





レビュー

僕はこの映画を劇場で見ましたが、上映直後の感想はズバリ

結絃(ゆづる)がかわいい!

でした(笑)

というより、映画の内容が思っていた以上にシリアスだったため「面白い」とか「感動した」などといったありきたりな言葉では語れないというのが本音です。

これは、取り上げているテーマが「いじめ」というシリアスなもので、感想を語ろうにも非常にセンシティブな内容であるため軽はずみな発言ができないという理由からです。

原作を知らずに映画を見に来た方はポスターなどの爽やかな絵柄と内容とのギャップにかなり衝撃を受けるでしょう。

僕は本作を二回見ており、初回は友達とこの映画を見ましたが見終わったあと、いじめに関して語るというのも空気が重くなりかねないのでお互い空気を読み、いじめの話には触れずにひたすら登場人物である結絃の可愛さについて語っていました。

直接かかわっているかはさておき、誰もが「いじめ」という問題を一度は目撃したことがあるはずです。

その時の感情が映画を見ることによって思い出され少し複雑な気持ちになってしまう、だからただのフィクションだとは思えなくなり少し沈んだ気持ちになってしまうのだと思います。

けびん
けびん

ラストの演出を素直に受け取れないっていう感じかな


僕のように、もやもやした気持ちで映画館をあとにするお客さんを少しでも減らすために、本作では極力、暗いラストにならないような工夫がなされていました。

というか、ぱっと見はただの感動ストーリーです。

しかし冷静になればなるほど内容のシリアスさが身に染みてきます

ですから、前提を知らない人が見たらすごく感動するラストだと勘違いしてしまうと思いますが、やはり映画の内容を考えるとラストシーンでは素直に感動することができないのではないでしょうか。

「いじめ」をテーマにしたマンガ、小説、映画は実に沢山ありますが「聲の形」のように主人公が最初「いじめる側」に属している作品は非常にまれです。

この物語は将也が「過去の過ち」を反省して「今を生きること」を軸にストーリーが進んでいくので「過去の過ち(硝子に対するいじめ)」は外すことのできない要素です。

しかし、いくら反省していたとしても将也が硝子を傷つけてしまったことは事実です。そういうバックグラウンドがあると僕たち観客は将也が何かしらのトラブルに巻き込まれても、「同情」ではなく「自業自得」だと考えてしまいます。

これは「いじめ」という難しいテーマを語れば語るほど観客が感動しづらい状況を作ってしまうというこの作品のジレンマなのだと思います。

しかしストーリー構成自体は非常にわかりやすく簡潔で、緩急のつけ方もとても上手だったと思います。

「映画が何を伝えたいのか」を完全に無視して一つのフィクション、エンターテイメントとして楽しむことができれば非常に面白い作品だと思いました。

ハラハラドキドキするシーンも盛りだくさんなので絶対に退屈しないと思います。

そして「作画」や「演出」も実に素晴らしかったと思います。

けびん
けびん

さすが京アニ!!


特に水や女性キャラの髪の毛などの表現は他の制作会社では表現できないほど緻密で、リアルなものでした。

また、京アニの特徴でもある女の子の可愛さがとても際立っていました。

映像の一コマ一コマを切り取っても、それだけで作品になるぐらい高クオリティーな作画だったと思います。



まとめ

さて今回の映画「聲の形」についてまとめていきましょう。

ちなみに評価のマックスはそれぞれ★5

聲の形

満足度:★★★

おすすめ度:★★


満足度に関してなんですが今回はすべての要素を考え★3にさせていただきました。

一つのフィクション、エンターテイメントとして楽しむことができれば非常に満足できる作品だと思いますがやはり取り上げているテーマが「いじめ」なので、そういうわりきった視点でこの作品を鑑賞するのは難しいでしょう。

映画が終わった時に自分でも説明できない複雑な気分になってしまい素直に感動のラストととらえることができないことからも満足度はそこまで高くならないと思います。

世の中には考えさせられる映画というのがたくさんあります。

しかしそういう考えさせられる映画は見終わったときに「面白かった」「ためになった」というようなポジティブな感想が出てきます。

今回の「聲の形」もたしかに考えさせられる映画でしたが映画が終わったときの気持ちにそういったポジティブな要素は少なめです。

「いじめ」という問題が誰にとっても身近でセンシティブだからこそこういう問題が発生してしまうのだと思いました。

おすすめ度についてはやはり同じようにテーマが「いじめ」ということで素直に他人におすすめできないためこのような評価にさせていただきました。

道徳の授業としてみるのであれば非常に役に立つとは思いますが素直に作品を楽しむとなると難しいところが多いのではないでしょうか。

今すぐ「聲の形」が見たいという方へ。


個人的な意見ですが、定額制動画配信サービスにはU‐NEXTをお勧めします。31日間の無料トライアルキャンペーンがありますので好きな作品を視聴して31日以内に解約すれば無料で作品を視聴することができますし、気に入った場合はそのまま契約を延長すればよいのでとてもおすすめです。

聲の形を観るなら<U-NEXT>



以上が今回の映画レビューです。

また次回の映画レビューシリーズでお会いできるのを楽しみにしています。

映画
スポンサーリンク

海外生まれの海外育ち。
18年間の海外生活を経て、大学進学のために日本へ。

課題に追われる理系大学生。
趣味はサッカー、バレー、マンガ、アニメ、特撮、プラモデル、ギターと様々。全てそれなりにこなしてしまうが極めることができない器用貧乏。
ブログなどについての役立つミニ情報を発信中!

けびんをフォローする
けびんをフォローする
けびんの部屋
タイトルとURLをコピーしました