大切なのは<愛する>才能 映画 ギフテッド レビュー 

映画

皆さんこんにちは。けびんの考察部屋へようこそ。

今回の記事は映画レビューシリーズ。さて今回僕がレビューする映画は、

ギフテッド

2017年に制作された20th CENTURY FOXによる、アメリカの映画です。

監督は「(500)日のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」でも知られるマーク・ウェブ監督、そして主人公のメアリー役はマッケンナ・グレイス、メアリーの叔父役は「キャプテンアメリカ」のクリス・エヴァンスです。

この映画は「特別な才能を持った子供たちの幸せとは何か」というテーマのもとストーリーが進んでいきます。また天才的な数学の才能を持った少女メアリーの生活を通して僕たちに

人間の幸せとは何なのか?

自分にしかできないことをするというのが本当の幸せなのか?

親が子供の幸せを決める権利があるのか?

と様々な問いを投げかけ、考えさせてくれる映画です。一人で見るもよし、友達や恋人とみるもよし、家族で見るも良しと、見る人を選ばず感動を与えてくれる作品です。

それではこのギフテッドをレビューしていきましょう。

あらすじ

フロリダに暮らす、ちょっと変わった2人と1匹の家族。7歳の生意気ざかりのメアリーと、彼女の叔父でシングルのフランク、そして“歴史上一番すごい猫”のフレッドだ。互いがいるだけで、毎日が記念日のように楽しい時間は、メアリーが学校へ行くことになり揺らぎ始める。彼女には、生まれながらにして数学の天才的な才能があった。「普通に育てたい」というメアリーの母である亡き姉の遺志に従って、フランクはメアリーの英才教育を頑なに拒む。しかし、そこへ縁を切ったはずのフランクの母親が現れ、彼からメアリーを奪おうとする。歴史を変える才能の開花か、愛する者と生きる人生か─果たして、メアリーにとってどちらが幸せなのか? さらに悩めるフランクには、姉から託された“ある秘密”があった─。

引用元:映画「ギフテッド」公式サイト
『gifted/ギフテッド』予告編


レビュー

メアリーはどこにでもいる正義感の強い女の子。

ただ一つ、天才的な数学の才能を持っていることを除いては。

そんなメアリーに英才教育を施したいイブリンと普通の女の子として生きてほしいと願うフランク

映画のストーリーはこの二人がメアリーの親権を裁判で争うことを主軸として進んでいきます。

果たしてこの場合、メアリーにとって本当の幸せとは何なのでしょう?

例えば自分に他人にはない何か特別な才能があったら、その才能を開花させることが本当に自分にとっての幸せとなるのでしょうか?

けびん
けびん

読者の皆様はどう思いますか?

大人の僕たちでさえ悩むのですからまだ小さいメアリーに「自分の幸せだと思う方にしろ」なんて選択させることはできません。

たとえ特別な才能があったとしてもそれ以外は普通の7歳の女の子なのですから。

こうなるとメアリーの意志を尊重することは当然として、どのような教育を受けさせるかは親が決めなければなりません。

メアリーの場合、その親が叔父であるフランクと祖母であるイブリンでした

この映画を見て僕は子供の幸せを果たして親が決めてもよいものなのかということについて考えさせられました

いくらメアリーが数学に長けていたからといって数学者になることがメアリーの幸せだとは限らないのではないでしょうか。

しかし、小さいころから英才教育を受けることで大きく才能を伸ばすことができた人は現実にもたくさんいます。音楽家やスポーツ選手、役者などは特に多いです。

確かに彼らは幸せでしょう、そしてそんな教育を受けさせてくれた親にもきっと感謝していると思います。

でも、それは彼らが成功したからです。

もし、英才教育を受けてもなお、才能を開花させることができなかったら、それでも彼らは自分が幸せだと自信をもって言えるでしょうか

今まで将来のために努力していた時間を使えば、もっと友達と素敵な時間を過ごせたかもしれません。

結局は結果論なのではないかと僕は思いました。

だからフランクはメアリーに後悔させないために、天才としての自分と普通の女の子としての自分の両方を経験し、大人になってもらおうと考えたのだと思います

この映画のストーリーをどうとらえるかは人それぞれです。

でも、日常生活でこのように「幸せ」ということについて考える時間なんてほとんどありません。そんな貴重な時間をこの「ギフテッド」という作品は僕たちに提供してくれます。

一度初心に戻り自分の本当にやりたいことについて考えたい人など様々な人に見てもらいたい作品だと感じました

また日常パートもしっかりと面白おかしく入れ込んであるため、メアリーの小生意気な点なども大きな魅力になっていると思います。

僕はフランクとメアリーの担任の先生であるボニーのやらかしに対するメアリーのリアクションが特にツボでした(笑)

さて本作は非常に感動できる作品になっていますが、やはり外国の映画ということもあって僕たちの感性には若干ミスマッチな部分もあります

具体的には感動するシーンが細かく散らばっているというところが目立つと感じました。

邦画では一番感動するシーンをラストに持ってきて観客の涙を誘うという方法がよくとられますが、この作品では親権争いがストーリーの主軸でありながらも細かくいくつかのエピソードに分かれており感動するポイントが細かく散らばっているという印象がありました

ですから涙腺がしっかりしている方だと「あとちょっとで涙がでるっ。」ってところでシーンが切り替わってしまう可能性もあります(笑)


まとめ

さて今回のレビュー映画、ギフテッドについてまとめていきましょう。ちなみに評価のマックスはそれぞれ★5

ギフテッド

満足度:★★★★

おすすめ度:★★★★★

この映画は生きることの意味や幸せといったような抽象的なテーマを実にわかりやすく伝えてくれるものでした

ストーリー構成もよくできていてたくさんの感動を与えてくれる作品だったと思います。

その中でもメアリー役のマッケンナ・グレイスの演技には目を見張るものがあり、メアリーという少女を完璧に演じることができていると感じました。

きっと彼女でなければこの役は務まらなかったでしょう。そんなマッケンナ・グレイスの演技を楽しんでもらうためにも本作はぜひ吹替ではなく字幕版を見てほしいと思いました。

しかしながら感動ポイントが細かくなっているというのは僕のような涙腺のしっかりしている人にはつらく、その分を差し引いて今回は★4という満足度とさせていただきました。

おすすめ度に関しては、もういうことなし!

どんな人にでも楽しんでもらえるような内容になっていると思いました

この作品をお勧めしているからこそ、二回目ですが言わせてください。

ぜひ字幕版で本作をご覧ください!

個人的な意見ですがギフテッドを見たい方にはU‐NEXTをお勧めします。

31日間の無料トライアルキャンペーンがありますので好きな作品を視聴して31日以内に解約すれば無料で作品を視聴することができます。

気に入ったときはそのまま契約を延長すればよいのでとてもおすすめです。

以上が今回の映画レビューです。

映画
スポンサーリンク

海外生まれの海外育ち、最近日本に帰ってきた帰国子女。
課題に追われる理系大学生。
趣味はサッカー、バレー、マンガ、アニメ、特撮、プラモデル、ギターと様々。全てそれなりにこなしてしまうが極めることができない器用貧乏。
ブログなどについての役立つミニ情報を発信中!

けびんをフォローする
けびんをフォローする
けびんの部屋
タイトルとURLをコピーしました